バックナンバー

建設業許可は大臣と知事が行うを

建設工事を営む企業は、それが民間企業から発注されたもの、自治体などからのものを問わず、軽微な建設工事を除いて許可を受けることが必要とされています。これは建設業者であることの免許を得るようなもので、建設業法第3条により規定されており、免許なしで工事を行うことは違法行為に該当します。その許可の条件ですが、建築一式工事については1,500万円以上の工事が、建築一式工事以外の場合は500万円以上の工事について許可を受け、免許を取得することが必要な条件となっています。この場合、注意しなければならないことがあります。それは、建設業自体、元請であるか下請であるかを問わず、土木工事業・建築工事業・左官工事業・大工工事業など、実に29の業種に分類されており、それぞれの業種ごとに許可を受けなければいけないという点です。有効期間が5年となってはいますが、大手企業になればなるほど、この許可を多くクリアする必要があり、実に厳しい条件が課されていると感じられます。街中の大きなビルひとつをとってみても、29の業種に分類された専門家たちがその能力を発揮し、決められた期間内に、ハイクオリティな仕事を確実かつ丁寧に行い、ひとつのビルを完成させていくのです。これは、マンションにしろ、公共の体育館にしろ全て同じだと言えます。これだけ厳しい条件が課されているからこそ、私たちの住む街は、安全で快適に過ごせるようになっているのです。

↑PAGE TOP